桜井病院のURL


平成26年4月14日(月) 内科オープン


内科

もっとも基礎的で広範囲な医療分野

皆様のご家庭のかかりつけ医としてお子様からお年寄りまで地域に根差した医療をめざします。


 生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症など)を中心に風邪やインフルエンザなどの一般的な内科の診療も行います。ささいなことでもどうぞご相談ください。

かかりつけ医として地域の患者様に頼って頂ける診療を目指したいと思っております。

内科一般外来、診療科目
桜井病院、眼科、受付

発熱、感冒、腹痛などの一般症状糖尿病、高 血圧、高脂血症などの生活習慣のコントロー ルを要する疾病
ニコチン依存症の治療
奈良県特定健康診査
各種予防接種
眼科/内科へご来院の際は
1階待合ホールよりエレベータで直接4階までお越し下さい。
2階・3階は産科・婦人科病棟となっており、立ち入ることができません。
診療時間 日・祝
AM 10:00〜12:00 × ×
※診察は、予約優先です。
1.初診時は症状によっては必要な検査が多くなり診察にも時間がかかることがありますので受診時間は余裕を持ってお越し下さい。
2. 糖尿病で通院中の患者様は診察前に採血と検尿があります。
3. 発熱のある方は受付でその旨をお伝えください。
 状態によりましては診察の順番が変わることがありますのでご了承下さい。
ご存じですか?糖尿病が原因の視覚障害の発生は年間約3,000人!
 厚生労働省による「平成19年の国民健康・栄養調査」によると、「糖尿病が強く疑われる人、可能性を否定できない人」は、全国に2,210万人いると推定されています。しかも、糖尿病が疑われる人の約4割はほとんど治療を受けていません。
 糖尿病の初期は、痛みなどの自覚症状がないので検査で血糖値が高かったり、治療が必要といわれたことがあっても、そのまま治療を受けない人が多く、ずるずると悪化させたあげく合併症を併発し、年間1万4千人くらいの方(平成19年人口動態統計)が亡くなっています。
 その合併症では、糖尿病による腎臓障害で人工透析を始める人が年間1万5千人、糖尿病が原因の視覚障害の発生も年間約3,000人もいます。

 当院では糖尿病をはじめとしたメタボリック症候群(内臓脂肪症候群)の患者さんの生活サポートも行なってまいります。 糖尿病で失明することがないよう院内眼科と連携し、先手を打った治療、指導を行なっていきます。