桜井病院のURL

眼科

最新の医療技術を先進の医療機器で。

日本眼科学会眼科専門医による丁寧な診察を目指します。

ドクター紹介

松岡 俊行(まつおか としゆき)
平成 4年 3月
京都大学医学部卒業
平成 4年 6月
京都大学医学部附属病院研修医
平成 5年 1月
天理よろづ相談所病院眼科医員
平成 8年 4月
京都大学大学院医学研究科博士課程進学
平成12年 4月
京都大学大学院医学研究科博士研究員
平成13年10月
ロンドン大学ウルフソン研究所博士研究員
平成16年 9月
京都大学大学院医学研究科助手
平成20年 4月
京都大学大学院医学研究科特定准教授
平成21年 4月
兵庫県立尼崎病院眼科医長
平成23年 4月
天理よろづ相談所病院眼科医員
平成25年 3月
桜井病院眼科医長
平成25年 3月
天理よろづ相談所病院眼科非常勤嘱託医師
■資 格:医学博士、日本眼科学会認定専門医、眼科PDT研究会PDT認定医、屈折矯正手術講習会受講修了医師、オルソケラトロジー講習会受講修了医師、A型ボツリヌス毒索製剤ボトックス講習・実技セミナー会受講修了医師

■専 門:白内障、緑内障、加齢黄斑変性、網膜硝子体疾患、免疫アレルギー

■学会活動:日本眼科学会、日本眼科医会、日本眼科手術学会、日本眼循環学会、日本網膜硝子体学会、日本抗加齢医学会、日本薬理学会

ご挨拶

 はじめまして。
 この度、桜井病院にて眼科を開設させていただくこととなりました松岡俊行です。
眼科開設にあたりご挨拶申し上げます。奈良は20年前に眼科医としての基礎を学んだ場所ですが、 多くの地元の方々の温かさ優しさに助けられました。
 その後、大学や留学先、大病院で先端医学を 学びましたが、今後は、この経験を生かして、地域のみなさまに最新医療を手軽に、わかりやすく提供 したいと考えています。なじみの奈良桜井の地で眼科診療に携わることができるのは大きな喜びです。
 最新の診療機器を導入し、きめ細かな小回りのきく診療を実践していく所存です。お子様からお年 寄りまで、目に関する相談がありましたら気軽に相談にいらしてください。

40歳になったら眼の検査を受けましょう。

眼科一般、診療科目
桜井病院、眼科、受付

白内障手術、緑内障手術、各種レーザー治療、加齢黄斑変性、花粉症、アレルギー、眼鏡・コンタクトレンズ処方、ドライアイ、眼精疲労、糖尿病網膜症 
※入院設備あり
眼科/内科へご来院の際は
1階待合ホールよりエレベータで直接4階までお越し下さい。
2階・3階は産科・婦人科病棟となっており、立ち入ることができません。
診療時間 日・祝
AM 9:00〜12:00 × ×
PM 2:00〜4:30 手術 手術 × ×
PM 5:00〜7:30 × × × ×
※平成27年8月から眼科外来は、毎週金曜日夕方(17時以降)の診察を休診させていただきます。
※平成29年4月から眼科外来は、毎週月曜日夕方(17時以降)の診察を休診させていただきます。
※水曜日の診察担当医は、大学派遣医師です。
1.初診時は必要な検査が多くなり、診察にも時間がかかることがありますので受診時間は余裕を持ってお越し下さい。
2.散瞳検査による眼底検査を行う場合、瞳が広がるまで30分ほどかかり、その後4〜5時間は目が見えづらくなります。受診の際はご自身によるお車やバイク、自転車の運転は避け、なるべく電車、バスなどでのご来院をお勧めします。
3.目の充血、目やに、かゆみを伴う症状の場合、「はやり目」の可能性があり、受診時に受付で、その旨をお伝えください。 スタッフが対応させていただきます。
4.コンタクト処方をご希望の方は、午後診(PM2時から)か夜診(PM5時から)の診療時間帯をお勧めします。(午前診察は混雑しているため)また、ご予約をお取りいただく際に「コンタクト処方希望」とお伝えください。
5.診察、検査の都合上、3歳未満のお子様の診察はお断りさせていただいております。
 ご了承ください。
※眼科の診察は、予約制です。
診察時間内に、お電話にてお問い合わせください。
眼科一般、診療科目
■光干渉式計測装置 前眼部OCT CASIA2
非接触で目の表面(角膜)から内面(水晶体)までを、3次元撮影が可能な最新式の検査装置です。

光干渉式計測装置 前眼部OCT CASIA2
■白内障手術装置  CENTURION Vision System(センチュリオンビジョンシステム)
最新の白内障手術装置を奈良県下で最初に導入いたしました。
今まで以上に患者様への負担を軽減し安全な手術を行うことが可能になりました。
CENTURION  Vision  System
■タンゴオフサルミックレーザー
最新の緑内障治療と後発白内障治療に対応した、高品質・高性能のシステムです。
タンゴオフサルミックレーザー
■硝子体手術用 光源装置 LED Star
硝子体手術の際に眼内を照らす光源装置です。LED特性を利用した最新式の設計により 患者様への負担が少なく、これまで以上に安全な手術を受けて頂けるようになりました。
硝子体手術用 光源装置 LED Star
■硝子体手術装置 UltraSpeed Transformer
硝子体手術の際に硝子体を除去する手術装置です。硝子体除去能力がこれまでの2倍になり、手術時間を大幅に短縮出来るようになりました。
術中の患者様の負担を少しでも減らすために造られた最新鋭モデルです。
硝子体手術装置 UltraSpeed Transformer
■光干渉断層計 (OCT)RS-3000
網膜の断層撮影を短時間で行う眼底三次元 画像解析装置です。加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、黄斑円孔、網膜剥離、緑内障の早期発見、病気の客観的評価ができます。
■白内障・硝子体手術装置 FortasCV-30000
白内障や、出血等で混濁した硝子体を手術する装置です。安全で高レベルの白内障手術が可能なだけでなく、高速カッターおよびキセノン光照明による安全な硝子体手術が可能となりました。
■超広角走査レーザー検眼鏡 OptosDaytona
短時間で広範囲(200度)の眼底写真を撮影でき、従来の検査機械では観察困難だった眼底周辺部の病変も見逃さない超最新鋭の機器です。
■マルチカラースキャンレーザー 光凝固装置 MC-500Vixi
赤、黄、緑の3色のレーザーで眼底の治療をすることができ、病気の種類や位置に合わせて適切な照射が選べます。一度に複数箇所の照射を行うパターン照射により短時間で痛みの少ない治療が行えるようになりました。